GroupM Investment

私たちは、広告が人々にとってより役立つように、
スケール感と共に革新的な投資ソリューションを
設計します。

ブランドセーフティへの配慮、最新のプライバシー保護法の順守、そしてメディア各社との強固な関係を柱とする私たちのメディアインベストメントは、グループエムのグローバルスケールと相まって、グローバル市場における広告の約3分の1を占めるに至っています。最新のメディアインベストメント手法を通じて、クライアントのビジネスを成功に貢献しています。

Partnerships

グループエムはGoogle、Meta、Amazon、TenCent、Alibabaなどのグローバルメディアの世界一の取引先として、クライアントから請け負った年間500億ドル以上のメディア予算を取引しています。グローバル、リージョナル、ローカルの主要メディアと強固なパートナーシップをベースに、彼らのデータと私たちのデータを繋ぎ、より効果の高いプランニングを実現し、取引価値を高めます。その結果、クライアントはプライシング、イノベーション、データ・リサーチ、コンサルティングの各分野でメリットを享受することができます。

Process

私たちは、より高いハードルを設定します。私たちのビジネススケールを活用し、最高の製品とサービスの構築と展開を可能にし、信頼できるマーケットプレイスを通じて、透明で高品質なメディアへのアクセスを提供します。私たちは、クライアントとの明確なコミュニケーションを維持し、定期的な監査を通じてコンプライアンスを保証しながら、市場の整合性を促進することをサポートしています。

People

私たちは、他社よりも、より多くのトレーニングを受け、豊富な専門的知識を有しています。
世界中で5,000人のスペシャリストを擁し、Google、Meta、AmazonなどからNo.1 エージェンシーとして認定されています。また、世界の主要都市にオフィスを構え、ベストプラクティスやインサイトを共有することで、コミュニティ全体をより強く、よりスマートにすることができます。

INVESTING FOR FUTURE

私たちは、「ブランドセーフティ」「データ倫理」「DE&I」「責任あるジャーナリズム」「サステナビリティ」を5つの柱とし、広告を人々にとってより役立つよう、メディアインベストメントに取り組んでいきます。

​ブランドにとって、安全な環境下で見られる広告は、人とのつながりや信頼性を高めるために重要です。グループエムは、長年にわたり、新規および既存のメディアパートナー間のブランドセーフティ管理において業界をリードし、彼らと共同でテクノロジーソリューションや、測定フレームワークおよび様々な業界基準の定義の確立に取り組んできました。その一例として、グループエムのディスプレイ、ビデオ、ネイティブ&アウトストリームのビューアビリティ基準の設定、Global Alliance for Responsible Media(GARM)の共同設立、RADAR視聴可能性ビューアビリティ&ブランドセーフティのベンチマークツールの開始、米国でのGroupM Premium Supplyの設立などがあります。

広告が人々にとってより役立つために、ブランドは、エコシステムを見直し、社会のポジティブな変化を導くサプライヤーにメディア投資することが必要です。グループエムは様々なオーディエンスを対象としたパブリッシャーやコミュニティを支援しています。グループエムはここ数年、The New Majority Ready Coalition、Multicultural Marketplace、Media Inclusion Initiativeなどの様々な取り組みを通じて、世界、特に米国内の変化を支援する活動を続けています。

倫理的で責任あるメディアインベストメントは、私たちのコミュニティのために需要なポイントとなります。すでに中堅や地方の報道機関が次々に閉鎖され、地域社会には信頼できる地元のニュースソースが減少しているのが現状です。適切な媒体に戦略的に投資することで、信頼できるニュースや出版物のエコシステムを再構築することができます。2020年、グループエムは、31カ国のローカル局とともにGlobal Local News Marketplaceを立ち上げ、その創設を支援しました。また、トリプルリフトと共同でHelp Journalism PMPを立ち上げ、ハードなニュースコンテンツの隣に広告を購入できるブランドセーフな環境を整備しています。

“企業の信頼”という意味において、倫理は能力よりも3倍重要であり、データが「オプトイン」されているかどうかという二者択一な判断は、私たちの業界では成り立たないものとなっています。グループエムのデータ倫理におけるフィロソフィーは、「できるからといって、すべきとは限らない」であり、長い間、私たちは消費者の存在をデータ決定の中心に据えてきました。

データの良い使い方、悪い使い方の境界線を明確にする声が高まる中、2021年2月、グループエムは、データドリブン・メディアタクティクスに関する倫理的意思決定への一貫したアプローチを提供する業界初のツール、「The Data Ethics Compass」を開発しました。このグローバルツールにより、エージェンシーは垂直方向や地域横断的にデータ資産の倫理的リスクレベルを迅速かつ一貫して評価することができます。

2021年、WPPは、2025年までに事業活動において、2030年までにサプライチェーン全体において、炭素排出量を実質ゼロにする新たなコミットメントを発表しました。 メディアプレイスメントには二酸化炭素排出量があり、キャンペーンの二酸化炭素排出量を削減することは、広告やその他のエコシステムをより持続可能なものにするために重要です。グループエムは、フットプリント分析およびオフセット・アプローチ・ツールにより、メディア関連の排出量を評価し、削減することを目標としています。